日常から使っている水道の水漏れしやすいパーツと修理の目安

水道の水漏れは、水を使っている場所でしか起きません。これが大きなリスクにつながりますが、なかなか判別がつかないことも出てきます。修理をしたくてもわからないケースにつながりますが、問題が起きそうな場所は特定しておくことが修理でも必要です。発生しやすい場所を把握しておけば、被害が拡大する前に、早期の対応もできるでしょう。

■台所の水漏れは蛇口が多い

水を多く使う場所として、水漏れが発生しやすいのが台所です。日常的に使用する台所では、経年劣化の影響がはっきりと出ます。洗い物をするため、油汚れや食べ残が劣化を促進させ、つまるだけではなく破損することも台所の特徴です。日常的な点検が必要な設備で、細目に確認することで大きな問題も予防できます。
その中でも蛇口は、水道管の中でも細かなパーツでできている部分です。細かなパーツが増えれば、それだけ経年劣化も引き起こしやすくなります。
水が止まらなくなることも良くある場所ですが、見える場所だけに素早く対応もできるでしょう。耐用年数的には10年程度と考えられています。この年数を過ぎたら、修理や交換を考えた方が安全です。

■浴室とトイレも使用頻度が高い

同様に使用頻度が高いのが浴室です。水の使用量も多く、大量に流れるため、水漏れの可能性が高い場所になります。
特にシャワーヘッドは、水漏れしやすいパーツです。蛇口の耐用年数とさほど変わらないため、時期がきたら交換するほうが間違いありません。ただし、蛇口に比べるとさらに構造が細かいところもあるため、業者に依頼するほうが確実です。
トイレも使用頻度の高い場所ですが、こちらはタンクが大きな問題点です。水漏れを感じたときには、迅速に確認する必要があります。特に便器の中にわずかでも流れ出しているときには、タンクの内部の点検が必要です。自分でも修理できる箇所があるため、定期的に確認するといいでしょう。

■まとめ
水漏れは、目に見えるところでも起きてきます。水道周りは見えないところが多いものの、蛇口などは水漏れにすぐ気がつくパーツです。
定期的に確認するとともに、耐用年数で修理も考えておけば水漏れを事前に防げます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ