水道の修理が必要になる前に定期的なメンテナンスを

家庭内にある水道管や排水管は、劣化して水漏れします。水を流している以上、問題が起きれば水漏れしますが、回避のために定期的なメンテナンスが必要です。
実際に一度もメンテナンスをしたことがない家庭も少なくありませんが、水漏れをしてからでは被害が出てしまいます。メンテナンスはどの時期に考えていくべきか、修理も含めて検討しておくべきです。

■臭いの問題も出てくる排水管の水漏れ

水道管も排水管も、生活しているうえでは目につくようなところには設置していません。見えないからといって放置しておくと、排水管の内部にはどんどん汚れが付着していきます。だんだんと管の内部も細くなり、やがてつまりの原因になることも考えておかなければいけません。
排水管 水漏れが起きたりすると、修理費用もどんどんと掛かります。事前にメンテナンスしておけば、被害も大きくせずに済み、費用も抑えられます。
排水管は、つまることで破裂することも考えられます。破裂や破損して水漏れを起こせば周辺に悪臭をまき散らします。この臭いが部屋にまで充満することあるため、清潔な環境を作るためにも、メンテナンスした方が良いでしょう。
耐用年数もメンテナンスで考えなければいけないポイントです。配管はいつまでも同じ状態を維持するわけではありません。つまりの原因にもつながりますが、使っていなくても時間とともに経年劣化します。やがて配管の寿命がくれば、自然と破損して水漏れも起こす部材です。汚水が流れだすため、メンテナンスをして品質を維持し、寿命がきたら修理交換を考えるといいでしょう。

■メンテナンスをする時期はいつか

排水管は、普段から見えるわけではありません。透明ではなく外側から見ても判断できず、配管内で何が起きているのかわかりません。メンテナンスする時期を判断しにくい理由です。
排水管の汚れが蓄積すると、管の劣化を促進させます。汚れを落としておけば、劣化はかなり食い止められるため、5年に一度程度の高圧洗浄が必要です。メンテナンスで排水管の寿命も延びますが、日常から50度程度のお湯を流すのもいいでしょう。これだけで、油汚れなどの蓄積を防げるからです。

■まとめ
異物を流さないことが、排水管の劣化を食い止めるためには必要です。それだけでは、傷みを停めることはできません。メンテナンスすることで、破損も防げますし、大掛かりな修理も回避できます。
業者に依頼が必要になる前に、普段からメンテナンスは欠かさないようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ